未発表作品展1975-2016
「井津建郎 地図のない旅」

2021年11月17日(水)ー28日(日)  
12:00〜19:00(最終日は17:00)
[open] 水ー日 [close] 月・火

人知れず眠っていた何万枚という膨大な数のプリントたち、 
静かに時を待っていた作品を作家自身が呼び起こす。
作家活動50年を期して未発表作品を展示いたします。
貴重なunique print(現存する1点ものプリント)をぜひご覧ください。
※Cyanotype over Platinum print, Platinum-Palladium print, Gelatin Silver print作品を展示。

ーーーーーーーーーーー

Artist Statement

50年以上写真を撮影していると、知らずのうちに膨大な数のプリントが埋もれていた。見てみると、その大半は未発表である。一部の〝代表作〟が繰り返し展示されたり、印刷されたりして私の仕事を代表しているのである。それはそれでありがたいことではあるが、日の目を見ない作品たちは、ギャラリーや出版社が売れ行きを期待できなくて省かれてきたのだろうか……(自分自身はそれら多くは悪い作品とは思わない)。
2021年秋、50年間住んだニューヨークから金沢に永住帰国を果たすにあたって、いろいろな意味でこの半世紀の自分の軌跡を振り返り、見直した。とりわけ、危なげな足跡、自由に弾けてる足跡、微かな足跡……、そんな足跡たち(=作品)に日の目を見させたいと思った。

ーーーーーーーーーーー

井津建郎(Kenro Izu)  
1949年大阪生まれ。日本大学芸術学部に学んだ後、1971年に渡米。以来ニューヨークを拠点として作品制作と発表を続け、現在に至る。30数年間にわたって世界の〝聖地〟を14×20インチの超大型カメラで撮影、プラチナプリントによる表現の他、植物、果実や人体の習作をスタジオにて制作。近年は中判フィルムで撮影し、銀塩プリントによる『インド・永遠の光』、中判デジタルカメラによる『ポンペイ・鎮魂歌』なども制作、発表。新作『NOH』も近日中に発表する。作品はメトロポリタン美術館はじめ海外の多くの美術館にコレクションされている。
※2021年秋、ニューヨークより金沢へ居を移す。
https://kenroizu.com